千葉鉄也展

CHIBA Tetsuya

2021.4.12(mon) - 4.24(sat) Cross View Arts 日曜休廊

「トパーズとして」
油彩、キャンバス
333×242mm
2021

「ダイヤモンドとして」
油彩・キャンバス
180×140mm
2021

 宝石の拡大画像を見ると、そこには様々な事物の断片が映り込んでいる。これらは一体いつ、そして何処の風景の断片なのだろう…そんな事を考えてみる。人々が宝石を美しいと感じるのは、その小さな石を覗き込む事で、想像において時間を超え空間を超え、自由に旅する事が出来るからではないか。そんな風にも思える。