飯田稔展

IIDA MInoru

2020.3.16(mon) - 3.28(sat) Cross View Arts 日曜休廊

「海中都市Ⅲ『家(うち)の周り-1(左)・-2(右)』」
木製パネル、布、バルサ材、アクリル絵具、色鉛筆
(左)30×30×9cm (右)30×30×8 cm
2017

「海中都市Ⅲ『夕食のニュータウン-1』」
木製パネル、布、バルサ材他、アクリル絵具、LEDパネル
30×30×10 cm
2018

≪aqua polis / 海中都市Ⅲ≫

かつて天空と海や大地との関係に異常なまでの関心を持ち、その思いを平面で表現しようとしていた。30年近い空白の後も思いは変わらず、テレビや舞台の仕事を経て平面では収まらなくなっていた。
 海は絶えず動き、変化する。道や街の形が現れても一瞬の後には歪み消え去る、あるいは別の形に変化する。具現化の出来ない幻影を、しかも動きを止めた立体で表現しようと試みて18年…?