三上秀夫

MIKAMI Hideo

略歴

「work_041」
麻布にアクリル絵具、墨
H91×W117×D3cm
2019

三上秀夫 MIKAMI Hideo
プロフィール

1962 埼玉県生まれ
1986 染色平面作品の発表をはじめる。
2006 素材にとらわれない平面作品の制作をはじめる。
    主に個展、グループ展で作品発表を行う。
    現在の作品制作のテーマ
    「非空間性を主題とした思考としの平面」
    東北生活文化大学美術学部教授

三上秀夫展 2019

個展

1986 真和画廊/東京
1999 アートスペース香/東京
2000 ギャラリー五番街/宮城(’02)
2005 ギャラリーなつか/東京(’05’06’08’10’13’16
2010 SARP仙台アーティストランプレイス/宮城(’10、’12、’15、’16、’17)

グループ展

1988 「埼玉県展」(県議会議長賞)
1996 「シルク博物館染織作品展」(奨励賞)
1997 「昭和シェル石油現代美術展」(入賞)
1998 「現代の巨匠と青年展」パリ(招待出品)
1999 「EU-JAPON現代美術交流展」
2007 「国際アートエキスポ」平澤市 Lake pyung taek Art Museum Ball Hall/韓国
2008 「南星国際アート展」ソウル市 Namsong Art center/韓国
「シルク博物館全国染織作品展」シルク博物館/神奈川(奨励賞)
2011 「北京国際学術検討会交流作品展」北京工業大学芸術設計学院美術館(研究発表、作品出品)/中国
2013 「アート ジェオ コンストゥルイ 仙台研究会展(’14、’15、’16、’17、’18、’19)「遊びと幾何学構成展」サトル・サトウ・アート・ミュージアム/宮城
2016 「登米アートトリエンナーレ2016幾何学構成アートの祭典」サトル・サトウ・アート・ミュージアム/宮城