シリーズ3 斜め上/斜め下

開発好明・北川貴好

2019.11.18.(mon) - 11.30(sat) Cross View Arts 日曜休廊・祝日開廊

「受験の壁」
H6×W12m
東京都美術館
2019

「木場のダメパンダ」
パフォーマンス
2019

開発好明 KAIHATSU Yoshiaki

 いよいよ画廊空間を変形させた2人展のシリーズ最後となりました。
1回目では画廊を上下に分け、2回目では天井を前後に分け、3回目は画廊を斜めに区切り、建築学科を卒業した北川貴好氏との2人展になります。

「箱と巨人」
木製の箱部屋、ビデオプロジェクター
H2.6×W4.5×D3.6m
2018

「Floor Landscape」
木材、水、照明、電球、空き缶、植物、 全自動洗濯機、ベッド、水中ポンプ、他 
アサヒアートスクエア
2012

北川貴好 KITAGAWA Takayoshi

今回は斜め下の方で展示をいたします。木造の日本家屋では斜めの屋根が一般的ですが、その屋根の下での暮らしというのが日常です。
なので、斜めというのは屋根を想起させ、斜め上は外部、斜め下は内部とも取れます。
身体をかがめ、入ると落ち着いた空間にも思えます。そのことを起点になにか仕掛けるつもりです。