植物区

寺井絢香・渡辺愛子

2021.1.12(tue) - 1.30(sat) ギャラリーなつか 日曜休廊

「自己主張の強い植物たち2」
キャンバス、油彩
65.2×65.2㎝
2020

寺井絢香 TERAI Ayaka

今回は以前訪れたアフリカで見た植物を中心に作品を描こうと思いました。日本とは違った過酷な環境下でも生き延びようとするその生命力や力強さは、私にとってとても魅力的に映りました。そんなアフリカの植物たちのエネルギッシュな部分を表現できたらと思います。

「とても暑い日に身を潜め、あの日のことを繰り返し思い続ける。」
キャンバスに油彩
P50号(116.7×80.3×6.3cm)
2019

渡辺愛子 WATANABE Aiko

モチーフは私が実際に見た風景や撮った写真、それに伴う本や資料などを元にコラージュの様に繋ぎ合わせて描いています。
絵を描いているときは、まるで何かが待ち受ける冒険に出かけているような気分です。
毎日キャンバスの中を縦横無尽にあちこちウロウロしながら、色々な事に遭遇し、色々なことに思いを馳せているのです。
見る人にとって、それはどこか別の世界を垣間見ることができるような、それでいて、いつかどこかで見たことのある景色の
ような、不思議とワクワクする想像の入口になればいいと願っています。